介護福祉資格学校資料請求お問い合わせ無料・登録不要!
全国通学・通信講座写真詳細な説明から探せます

  • サイトマップ
  • お問合せ
  • 掲載案内


ロゴ
ホーム

資格学校資料請求お問合せ無料・登録不要!
通学・通信講座写真詳細な説明から探せます


 e介護福祉資格 > 資格詳細説明 > 福祉用具専門相談員

資格一覧
介護支援専門員
介護福祉士
介護職員初任者研修
介護職員実務者研修
社会福祉士
福祉用具専門相談員
福祉住環境コーディネーター
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
柔道整復師
介護事務
その他
資格一覧

資格を選択してください

ランキングレポート
第07位
難易度

難易度

★★☆☆☆

人気度

人気度

★★★★☆

主な就職先

主な就職先

介護保険が指定する福祉用具貸与・販売事業所

試験時間

試験時期

試験等特になし

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員

高齢者が、介護保険で福祉用具を利用する際に、ご利用者やそのご家族の希望に合わせて、その方の状況に適した福祉用具の選定の相談や適合(身体状況に合わせて福祉用具を調整すること)を行う専門職です。

また、高齢者の心身状態は変化しやすいことから、定期的にご利用者宅を訪問して利用状況等を把握し、適正な利用のための援助を行うことも大切な仕事です。介護保険が指定する福祉用具貸与・販売事業所には、常勤で2名以上の福祉用具専門相談員の配置が義務づけられています。


仕事内容

(1)福祉用具の相談

利用者の心身の状況、希望や環境等を査定し、福祉用具の選定などについて相談します。

(2)福祉用具の情報提供

利用者や家族に対して、福祉用具の使用方法や料金等に関する情報提供を行います。

(3)福祉用具の点検

福祉用具が安全面や衛生面などで問題がないかどうかの点検を行います。

(4)福祉用具の調整

利用者の身体の状況等に応じて福祉用具の調整を行います。

(5)福祉用具の指導

福祉用具の指導・修理:利用者などから受ける依頼をもとに、福祉用具の使用方法の指導や修理などを行います。

取得ルート

「福祉用具専門相談員」の受講に必要な条件はありません。

「福祉用具専門相談員」の取得には、計40時間の研修が必要です。

また、介護福祉士・社会福祉士・保健師・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・義肢装具士の方は、指定講習を受けなくても、その資格自体が福祉用具専門相談員の要件として認められています。

注目のオススメ講座

日生福祉学園

福祉用具専門相談員 講座情報

お申込先着10名様に「マークシート式試験対策ノート」プレゼント!
・計画通りに勉強をしたい!
・自分の実力がどれだけあるのか確認したい!
・勉強方法、要点を知りたい!
・仕事との両立で勉強したい!
そんなあなたにピッタリです!

大阪福祉総合スクール

福祉用具専門相談員 講座情報

大阪福祉総合スクールの介護職員初任者研修5つの魅力
1-安心の受講料!
2-働きながらでも通えるクラス設定!授業の振替も無料!
3-最短1ヶ月で修了可能!
4-修了試験を徹底サポート!
5-修了後、希望者には現場の体験実習も!

EDC医療福祉学院

福祉用具専門相談員 講座情報

EDC医療福祉学院スクールのご紹介
EDC医療福祉学院のコンセプト
・Educate(引き出す)
・Discover(発見する)
・Charenge(挑戦する)
自分の可能性を引き出し、新しい発見をし、そして挑戦していくこと。



お問合せ

Copyright © 2015 careshika.jp All Rights Reserved.

掲載案内